結婚する前に知っておいた方がいいこと 【結婚観】【独身バッシング】

サムネイル life

こんにちは!

kusaです。

最近結婚について考える機会がありましたので記事にしたいと思います。

昔の結婚の意味

昔、みんなが農民だったころは結婚が必要でした。国に税金を納めて存続させるなど現代と共通する部分もありますが、何より自分に子供がいないと、自分が歳をとって農業ができなくなることはすなわち死ぬことを意味していました。

結婚をすることは、子孫を残す意味でも、自分のためという意味でも必須のことでした。

全員皆婚社会

日本はかつて、皆が結婚する皆婚社会でした。国勢調査が始まった1920(大正9)年からのデータを振り返ってみても一貫して生涯未婚率は1990年まで5%以下で推移しています。

東洋経済オンライン

明治時代の明治民法政策下、お見合いという社会的なマッチングシステムで結婚することが普通でした。

現代では恋愛結婚が主流へと移り、お見合い結婚は少なくなっています。

戦前戦後時期は、お見合い結婚は全体の7割を占めていましたが、今では5%程度しかありません。しかもこれは結婚相談所きっかけ(約2%)を含みますので、伝統的なお見合い結婚はたった3%程度しか存在しないことになります。そのかわり恋愛結婚が87.7%にまで伸長しています。

東洋経済オンライン

結婚してない人への差別やバッシング

現代でも結婚していないとバッシングはやや残っていますね。

世の中には「女は30歳までに結婚しろ」「男性が40歳過ぎて未婚・バツなしだと何かあると疑え」ということばを何度も聞いたことがありますし、この記事を書くまでは少しだけそう思っていた部分もあります。

よく考えれば、

結婚していない = その人に問題あり

というヒモ付けの根拠が乏しいのは少し考えればわかるはずなのに。

周りの洗脳というのは恐ろしいものですね。

現代の生涯未婚率は5人に1人程度となりますので、このバッシングの意味の無さを象徴しています。

明治民法政策のなごりが残っている差別ですので、そんな古い価値観は今日から変えていきましょう。

様々な結婚の形

普通の結婚届を役所にだして同居して生活するの結婚に加え、

  • 別居婚

結婚届は出しているが同居はしていない。

  • 事実婚

結婚届は出していないが夫婦同然。

等があります。

様々な事情はあるのでしょうが、結婚も多様化が進んでいますね。

近年急増する離婚について

現代は個人の時代であるうえに、夫婦共に経済的に自立しています。

また、人である以上、パートナーがいても別の人を好きになるかもしれません。

  • 離婚率

あなたはどのくらいの夫婦が離婚しているかご存知ですか?

日本の離婚率は約35%前後になっており、平成27年度の厚生労働省の調査によると離婚件数は22万件にものぼります。婚姻件数は63万件あるそうですが、せっかく結婚した夫婦が1年間に離婚する数も驚くほど多いのが事実です。

離婚弁護士ナビ
  • 浮気、ふりん率

年代別不倫率 参考:恋バナ

※男性編※
20代・・・33%
30代・・・21%
40代・・・24%
50代・・・29%
60代・・・18%

※女性編※
20代・・・16%
30代・・・17%
40代・・・21%
50代・・・14%
60代・・・12%

男性は20代、女性は40代が最も多いです。

要因としては、男性は若い方が性欲が強いこと、

女性は、子供が自立する歳になり、性欲が一番強い時期 + 旦那さんが出世して家への帰りが遅くなることの要因が関係しているそうです。

熟年離婚

近年は子供が自立してからの熟年離婚も増えている傾向です。

熟年離婚の新しい形として、離婚はしないけど別居するという熟年夫婦もいるそうです。

結婚に憧れる気持ちも分かるが無理をしてまでしなくてもいい

現段階の通例・通説は結婚する方が普通のことだと思います。

自分も周りの人には、いい人見つけて幸せに暮らしてもらいたいと思っていますので、私は結婚することを普通に進めますね。

ただ、「結婚する気ないかも」と言われても気持ちはすごく分かるというのが正直なところです。

今日のまとめ

自分と合う人と結婚した人は本当に幸せなことだと思う

現代は個の時代であり、離婚率もそこそこ高い

コメント

タイトルとURLをコピーしました