【儲かる?】イーサリアム(ETH)マイニングしていたリグの内容とスペックを公開

technology

こんにちは!

先日マイニングに関しての記事を書きましたが、

具体的にリグの中身について記事にしたいと思います。

装置の概要

装置全体での採掘能力

採掘通貨:Ethereum

マイニングの方法:GPUマイニング

マイニングプール:nanopool

日当たり採掘量:0.0132ETH

累計GPU数:7台

ハッシュレート(全体):191Mh/s

ハッシュレートとは、マイニングをする際の1秒あたりの計算力、採掘速度のことです。 単位は hash/s (セカンド)で、「毎秒 ◯ ハッシュの計算ができる」ことを意味します。 ハッシュパワーが高いほどマイニングマシンの性能は高く、1 秒間に多くのデータを処理できます。

bitFlyer

KH/s(キロハッシュ):1秒あたりの計算回数1,000回
MH/s(メガハッシュ):1秒あたりの計算回数1,000,000回
GH/s(ギガハッシュ):1秒あたりの計算回数1,000,000,000回
TH/s(テラハッシュ):1秒あたりの計算回数1,000,000,000,000回
PH/s(ペタハッシュ):1秒あたりの計算回数1,000,000,000,000,000回

HEDGE GUIDE

消費電力(全体):892kw

月の電気料金(大手でない電力会社):¥24,000

損益分岐点:ETHの相場:¥60606

(計算式)0.0132ETH × 30日 = 0.396ETH

¥24000(電気料金)×2.52525252525 = ¥60606

リグ1号機

OS:windows10 Home 64bit

マザーボード:GIGABYTE Intel H110チップセット搭載マザーボード GA-H110-D3A

電源:Corsair RM1000x 80PLUS GOLD認証取得 1000W

メモリ:デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GB / 288pin 

CPU:Celeron G3900 2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド

GPU:GEFORCE GTX 1070 ×5

記憶媒体:SSD :SanDisk SSD PLUS 128GB

消費電力:723kwh

リグ2号機

OS:windows10 Home 64bit

マザーボード:GIGABYTE Intel H110チップセット搭載マザーボード GA-H110-D3A

電源:Corsair RM1000x 80PLUS GOLD認証取得 1000W

メモリ:デスクトップPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GB / 288pin 

CPU:Celeron G3900 2.8GHz 2Mキャッシュ 2コア/2スレッド

GPU:GEFORCE GTX 1070

GEFORCE GTX 1070 Ti

記憶媒体:SanDisk SSD PLUS 128GB

消費電力:169kwh

補足事項

メモリ4GBでは足りませんので仮想メモリーでメモリを補いました。

メモリ不足の様子

今振り返るといい思い出

個人的には楽しかったですし相場が良かったら今も続けていると思います。

しかし、参入障壁が低く簡単で誰にでもできることであるためビジネスとして成り立たせるには難しいでしょうね。

記事を書いたおかげで当時を振り返ることができ、懐かしい気持ちになりました。ビジネスの厳しさを知るよい経験になりましたのでやって良かったという風に思います。

今日のまとめ

日本ではマイニングは趣味でやってみて下さい

タイトルとURLをコピーしました