実は辛い?!ひぐらしのなく頃に祭2【スロット】

life

こんにちは!

↑このツイートをしてしまうくらいこの台を楽しみにしていました。

後で説明しますが、この台は目押しに相当な技術(ビタ押し)が要求される台です。

●私のパチスロの技術

  • パチンコは年に数回
  • ビタ押しの精度は40%くらい
  • 4コマの目押しはできる

昔はパチスロをやっていましたが、現在は全然行かなくなりました。

理由は他に面白いことがたくさんあるから、パチスロが面白くなくなってしまったからです。

ですが、昔とても大好きだった台の続編が10年ぶりに復活するとなれば打つしかないでしょう!

自分みたいなエンジョイ勢にはとてもキツイ台なんですが、2日間に分けて7000Gほど打ってみました。

今回はその報告を記事にしたいと思います。

※記事にするつもりは無かったため、詳しいデータはとっていませんでした。

●この記事で行う打ち方について

  • ひぐらし打ち(中押し白7を枠下狙い)
  • 子役は全て取る(つもり)(精度90%)
  • ビタ押しを回避できる状況なら回避する(男は黙って難易度低を選ぶ
  • ビタ押しの精度は40%ほど

CZの転落時BB中のビタの失敗により、どこまで損失が大きくなるか?

が勝負の分かれ目となります。

生温かい目で見守って下さい(‘ω’)ノ

スペック(機種概要)

機種名Sひぐらしのなく頃に祭2
メーカーオーイズミ
タイプ6.1号機
仕様A+ART
回転数/50枚(設定1)34.9G
コイン単価(ビタ押し50%) 2.5枚

コイン単価とは:「コイン1枚で売り上げる数字」のこと。売上(投資)÷投入枚数で算出される。

期待値プラスマイナス道

<5号機>

「前作のひぐらし祭」の設定1のコイン単価:約2.7円

「アイムジャグラー」の設定1のコイン単価:約2.3円

「バジリスク絆」の設定1のコイン単価:約3.4円

「ミリオンゴッド凱旋」の設定1のコイン単価:約4.0円

<6号機>

「HEY!鏡」の設定1のコイン単価:約2.5円

P-Summaさんから一部引用

こうやってみると前作より、波が緩く、やや甘くなっているんですね。

ボーナス確率

設定BIG合算RBボーナス合算
設定11/374.51/417.41/197.4
設定21/368.21/409.61/193.9
設定31/358.11/397.21/188.3
設定41/346.81/383.31/182.0
設定51/339.61/372.41/177.6
設定61/334.41/362.11/173.8

機械割

設定出玉率(市場予測)出玉率(完全攻略)
設定196.5%103.0%
設定297.6%104.1%
設定399.1%105.5%
設定4101.2%107.4%
設定5102.8%109.0%
設定6103.9%110.0%

※BIGはオヤシロボーナスとひぐらしボーナスの合算
※RBは富竹ボーナス

出玉率(市場予測)の条件

  • ビタ押し50%
  • 1枚役を75%で取得
  • スイカを90%で取得
  • ボーナスを揃えるまで平均3G

ひぐらしのなく頃に祭2の魅力

この機種は完全攻略で設定1でも機械割が100%を超える台です。

子役の獲得自体は覚えてしまえばそこまで難しくありません。

また、基本はAタイプですので、レア子役が落ちた後はボーナスが期待でき、その際にリール制御が変わるため、出目に違和感(リーチ目)がでます。

その違和感により、入っているボーナス(全6種類)が特定できるという楽しみ方ができるのが魅力です。

この部分が最高に楽しいです。

また、ビタ押しができる人は、理論値は負けない機械割ということで、正に夢のような台となっております。

前作より進化している部分としては、

  • ビタ押しに効果音が付いて、成功時は気持ちいい
  • 周期のCZ(チャンスゾーン)にテーブルが付き、ART突入率(60%)と大幅に強化
  • BB(ビッグボーナス)の比率が上がっている。
  • 前作よりボーナス確率が軽く、リーチ目を楽しめる
  • ART(運命の解)の純増1.0枚と強化された

という部分が非常に魅力的です。

※このビタ押しというのが肝で、これができないと機械割がかなり悪くなってしまいますので注意が必要です。

本質はボーナスよりART

6.1号機の性質上

  • ボーナスの最大獲得枚数が200枚
  • 有利区間が最大1500G、獲得枚数2400枚が上限(リミット)

という規定があり、

低設定の事故(まぐれで大きく勝つこと)が少なくなっています。

©DMMぱちタウン

よって、低設定は

あまり大きく勝っているタイミングが無く、少しずつ負けていく

綿で少しずつ首が閉まっていくという展開が多いという印象を受けました。

また、ボーナスの獲得枚数が少ないという性質上、出玉のカギはやはり、

ATR(運命の解)へ依存することとなります。

いかに、ARTの滞在ゲーム数を伸ばすかが勝敗を大きく分けると言えるでしょう。

ボーナスが多く引けたから勝てたとは素直になってくれません。

収支報告

みなさん興味はないと思いますが、ざっくり収支報告をしておきます。

1日目:3000G 収支:-1200枚

2日目 4000G 収支:+300枚

2日間の合計:-900枚

●付随情報

  • ART込みでボーナス合算約1/160
  • BB・RB の比率:4:6

開始600Gの台に座り、初当たりは、2026Gハマって富竹ボーナス(笑)

日本でここまでハマった人はいるんですかね?(´;ω;`)

10倍以上ハマってるんですけど…

ですが、ボーナス合算は最終的にかなり良くなりましたが、最終的には-収支で終了

BBの引きが少し悪いのも敗因ですかね?

ですが、一番のポイントは、

ビタ押しがしっかり出来ていたら、+500枚分以上負けが減っていた体感があります。

やはり、

  • BB中のビタ
  • 周期CZ抽選のビタ

の失敗が大きく、本来入れられていたはずのARTへ入らなかったなと思うところが数回ありました。

非常にもったいなく思います。

また、設定に関してですが、ほぼ設定なんか入っていません。

年末、営業がきつい、低設定が甘い台(上手い人だけ)

に設定なんか入りません。

パチンコの基本原則の、

「のめり込まないように楽しく遊ぶ」

ように心掛けて緩く遊ぶくらいでちょうど良いと思います。

今日のまとめ

ひぐらしのなく頃に祭2はほとんどの人にとっては辛い台

ビタ押しが出来る人にとっては神台

出玉のカギはATRの滞在ゲーム数



タイトルとURLをコピーしました