似ているようで全然違う!YouTubeとTVの特徴の違いについて解説

サムネ youtube

こんにちは!

最近はネットでしか動画を見ないという人も増えているかと思います。

私たちはこれまではTVで映像を見ていた人が多かったと思います。

同じ映像は配信するとやっていることは似ていますが、それぞれの特徴の違いを改めて考えることにより、取るべき戦略の違いが浮かび上がってきますので、その部分をこの記事で考察していきます。

YouTuberなどの動画配信をやられている方へ参考になれば嬉しいです。

それではいきましょう。

kusa
kusa

昔はTVをよく見ていまして、大変楽しく拝見させていただいておりました。

TVの特徴

テレビはほぼ全ての家庭にあり、誰でも簡単操作で楽しい映像を見ることができるので、たくさんのお茶の間へのリーチがあります。

また、プロが作ったクオリティの高い映像を、大きい画面で閲覧していることが多いです。

人が集まっていて、見てはいないんだけどTVはついているなんて使い方もやったりしますよね。

しかし、TVの性質上、早送りの機能がないことや見たい番組を基本は待つ形になりますね。(録画をしておけば良い話ですが)

特徴をまとめますと、

  • テレビは画面が大きい
  • 見たい番組まで待つ
  • 番組が面白くなかったらチャンネルを変えるしかない
  • 早送り等の機能はない
  • 多数のお茶の間にリーチを書けている

YouTubeの特徴

YouTubeの動画はネット上でいつでもアクセスができるため、見たいときに好きな動画を見ることができます。

素人さんの動画も多いですが、面白い動画も多く、ジャンルも多岐にわたります。

シークバーを用いた早送り機能や、自動で字幕を付ける機能、倍速再生、レコメンド機能等、ユーザーが快適に動画を閲覧する機能が充実しています。

見ているユーザーや端末は、若年層を中心に半数以上がモバイル端末からのアクセスであるそうです。つまり、見ている画面は小さいということですね。

特徴をまとめますと、

  • 好きな動画を見たい時間に
  • シークバー
  • 字幕を使って海外の方の動画も閲覧可能
  • 倍速再生
  • ユーザーの好みを学習した関連動画
  • チャンネル運営者さんやファンとの交流
  • TVに比べ小さな画面での視聴

YouTubeの動画視聴はネットサーフィンの延長線上

kusa
kusa

同じ動画を配信するということでも、戦略が全然違うんです。

みなさんが映像も用いて情報発信をするとするなら、ほとんどの方はネットをつかって配信されると思います。

ここでネット最大の特徴ですが、

ネットでの情報収集する人のほとんどがじっくり情報を見ていません。

ネットサーフィンは基本的に流し読みなんです。

それは、YouTubeも例外ではありません。

そこの部分を踏まえていないと、再生回数という数字に大きく影響してきます。

↑の記事で挙げた特徴を踏まえると、TVとYoutubeでとる戦略の違いというのが見えてきます。

●YouTubeでとるべき戦略

  • 最初の5秒が勝負
  • 飽きさせないテンポの早いフリートーク
  • タイトルとサムネ
  • シェアしたくなるジャンル選定

順番に見ていきます。

最初の5秒が勝負

魅力的な動画が数多くある中、シークバーや関連動画をおすすめしてきますので、ユーザーは動画を見ることで忙しいのです。

いざ再生して、始めの方がつまらないと感じると、シークバーで飛ばしたり、次の動画へ流れていってしまいます。

  • 動画の始めに特に力を入れる
  • この動画の見どころを、カットを用いて最初に告知する

という戦略が有効になります。

飽きさせないテンポの早いフリートーク

これも↑で挙げた理由と類似していて、少しの間でも退屈に感じやすいです。

トークのテンポを早くしている方が多いのはこのためです。

倍速再生もありますが、切り替える手間がかかるくらいなら次へと行かれてしまいますからね。

タイトルとサムネ

最重要と言われています。

これが悪いとアクセスすらしてもらえません。

タイトルの付け方は↓の書籍が大変参考になります。

キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック/川上徹也【1000円以上送料無料】

価格:1,430円
(2020/12/6 10:18時点)
感想(2件)

サムネは動画の一番の見どころやアクセス(見てみたく)なるサムネにしましょう。

わざわざサムネは別撮りで撮るほどみなさんこだわってらっしゃいますよ。

シェアしたくなるジャンル選定

↑の記事も是非参考にしてみて下さい。

  • 迫力の映像
  • ドッキリ
  • 癒されるペット

例えば、これらは言語の壁を越えて見てもらえるジャンルなのではないでしょうか?

いつでも気軽に全世界からアクセスできる強みを生かせ

身近で話題になった代表的な動画として、

「カバがスイカを食べる動画」

があります。

長崎の動物園の方があげている動画なんですが、なんと1億4000万回も再生されています。

これがもしTVだったらここまで反響があったのか?

と考えると微妙ですよね。

カバってスイカ食べるんだ!

どういう風に食べるんだろう?

ということが気になったのか?分かりませんが、言語の壁を越えて全世界から見られた良い例ですね。

インターネットとの相性がとても良かったということなのでしょう!

みなさんもネットの強みを生かしたコンテンツを創ってみてはいかがでしょうか?

今日のまとめ

YouTubeはネットサーフィンの延長線

ネットの特徴を生かして戦略を立てる

おすすめ書籍

私も発売日に買いに行きまして、非常に良かったと思っている書籍です。

基本はマンガで、詳しくは文章で説明してくれる構成で、とてもおもしろくて非常に読みやすい良書でした。

ぜひ読んで、この本を参考にみなさんもYouTubeで動画を配信してみてはいかがでしょうか?

マンガでわかる YouTuber養成講座 世界一のRyan’s Worldのノウハウ公開! [ シオン・カジ ]

価格:1,540円
(2020/12/6 10:35時点)
感想(0件)


タイトルとURLをコピーしました