Lightsailでサーバーのルートディレクトリにファイルを保存する方法【ads.txt】

サムネイル WordPress

こんにちは!

先日google adsenceの審査に合格できたのですがこんな警告が出ていました。

ads.txtにはgoogle adsenceのユーザーの情報が記録されていますが、その目的は広告が悪意のある他者に乗っ取られるのを防止するためにgoogle側がユーザーを識別できるようにするためです。

簡単にできると思っていましたがかなり詰まりましたので、同じ悩みを持った方のために情報を残しておきます。

サーバーのバックアップはしっかり

サーバーの中身をいじるなら不具合が出たときのためにバックアップを取らないといけません。

最悪サイトが機能しなくなりますからね。

私は今までサーバのバックアップをとったことがありませんでした。

みなさんはサイトを作ってすぐにやって下さいね笑

バックアップはスナップショット

バックアップはスナップショットOKです。

スナップショットの保存は自動化しておいた方がいいと思います。

アクセスが増えてきたらスナップショットを用いてEC2にそのまま引っ越しできます。

EC2は1時間ごとの課金モデルで値段が少し割高なのですが、バズったときは自動で一時的にサーバーを増強してくれたりと融通が効きます。

そのため、503エラー(同時接続数エラー)を回避して機会損失を防ぐことができます。

サーバーにファイルを保存する方法は大きく2種類

ads.txtファイルを作りvimで書き換える

ads.txtファイルの中身を見られる状態にしておく

私はこっちでやりました。

ads.txtファイルをgoogle adsenceからダウンロードして下さい。

大事なのはそのファイルの中身で、コードエディタなら何でもいいですがファイルの中身を開けるようにしておきましょう!

私はVSコードを使いました。

Amazon Lightsailの設定

Google Adsense のads.txtはドキュメントルートに設置します。

ドキュメントルートとは、Webサーバ(HTTPサーバ)やFTPサーバが外部に公開するファイルなどが置かれたディレクトリフォルダ)。そのディレクトリにあるファイルと、下の階層にあるファイルやディレクトリが公開される。

e-Words

作業を段階的に説明していきます。

ドキュメントルートにads.txtファイルを配置

下記コマンドを打ち込んで下さい。

$ cd /home/bitnami/apps/wordpress/htdocs
$ touch ads.txt
$ ls コマンドでads.txtがあることを確認する

これで空の状態のads.txtが設置できました。

google adsenceからダウンロードしてきたの中身をコピーします。

vimを使い空のads.txtに中身をペーストします。

$ vim ads.txt

vimの使い方は下記記事を参照して下さい。

Vim初心者に捧ぐ実践的入門 - Qiita
vimライトユーザの俺が説明する実践vim入門編 対象者 : これからvimを使い始めようという人、開発者やwebデザイナ 期待される成果 : vimが少しでも好きになる vimとは何か 私の貧弱な語彙ではとても表...

これでads.txtの設置はこれで完了です。

htaccessに設定を追記

htaccess.confに追加設定します。

一旦sshを解除します。

$ exit

cd ~を使ってhtaccess.confのディレクトリまで戻っても良いです。

vimでhtaccess.confを編集

↓のコマンドはルートディレクトリからのコマンドです。

$ sudo vim /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/htaccess.conf


htaccess.confの最終行に以下の三行を追加します。

<Files ads.txt>
AddType "text/plain; charset=utf-8" .txt
</Files>

htaccess.confの設定は完了です。

apacheの再起動

apacheの再起動します。

$ sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

これで設定は全て完了です。

おまけ 文字コードの指定

結論、

Google adsenceの管理画面からダウンロードした ads.txt ファイルをそのまま使う場合 → utf-8でいい

エディタによって作ったものの保存はutf-8nにする。

この記事の例では、vimでhtaccess.confの設定を互換性があるように変えているので問題ありません。

ファイルが正しく公開されているか確認する

ウェブブラウザで ads.txt の URL(https://自分のサイトのアドレス/ads.txt)にアクセスしてみましょう。ウェブブラウザからファイルの内容を確認できれば、AdSense もそのファイルを正しく検出できるはずです。

最初の警告はgoogleのAIがサイトをクロールした後解除されるので、少し時間がかかるようです。

作業は少し大変ですがめげずに頑張ってやりましょう。

参考記事

ads.txt に関するガイド - Google AdSense ヘルプ
ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテ
https://1000over.net/how-to-set-up-amazon-lightsail-after-google-adsense-approval/
アドセンスでads.txtファイルの警告が表示された場合の対処方法
突然「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」という警告メッセージがアドセンスの管理画面に表示され困惑しているユーザーが多くいらっしゃ
タイトルとURLをコピーしました